ターキー TURKEY

ターキーのサルティンボッカ

ターキーのサルティンボッカ

普通は仔牛肉で作るローマ名物。
セージと生ハムを挟むのが、ターキー独特の香りと合うかな、とひらめきました。
いちばん味の濃いモモの中心部を使いましょう。

「アロマクラシコ」原田シェフ

<材料:2人分>

ターキー(モモの筋肉部分)150g
セージの若葉10枚
生ハム2〜3枚
塩、白こしょう少々
強力粉適量
ラード適量
白ワイン50cc
ブイヨン60cc
バター10g
空豆20粒
ラード適量
line

<作り方>

  • ターキーは筋を除き、15gほどの大きさににスライスする(A)
    ラップの上に並べ、セージの若葉、肉と同じくらいの大きさにちぎった生ハムを重ねる。もう1枚ラップをのせ、たたきのばす(B)
  • 1をひっくり返してラップをあけ、肉の側に少量の塩、白こしょうをふる。強力粉を薄くまぶす。
  • フライパンにラードを熱し、2の両面を焼く(C)。白ワインを加えてアルコール分を飛ばし、ブイヨンも加えて肉になじませる。肉を取り出し、残りの肉汁にバターを加えてソースとする。
  • 別のフライパンにラードを熱して空豆を焼く。
  • 皿に3の肉、空豆を盛り、ソースをかける。

A

B

C