チキン CHICKEN

アメリカの家禽商品の中心は、何といってもチキンです。アメリカの大自然の恵みを受けて健康に育ったチキンのおいしさは、世界の人々から認められています。 また、厳格な品質管理や検査システムも、世界のお手本です。現代人の健康志向にぴったりのヘルシー食品であるチキンの消費量は、アメリカでも、そして日本でも伸びています。が、将来にわたって高品質の商品を最も安定して供給できるのはアメリカです。世界各国で認められているアメリカ産のチキンの需要は年々伸びています。このサイトでは、アメリカで一般的に製造されている代表的な商品を紹介します。

ターキー TURKEY

意外にも、アメリカでは年間ターキーの消費量の70%近くが、感謝祭やクリスマスといった伝統行事のない1〜9月に消費されています。このように、ターキーが年間を通して好まれるようになったのには多くの理由がありますが、とりわけ健康志向の高い昨今、コレステロール値・脂肪分が少なく、かつ豊かな風味を持つところにあるのではないでしょうか。US産ターキーには、すぐに調理に生かせる加工品も多数そろっています。

ダック DUCK

中国原産のホワイト・ペキン・ダックが初めてアメリカの地を踏んだのは1873年。以後、淘汰精選を経て、現在は、最高水準の良質な飼料と品質管理により、US産ダックは世界でも最も生産効率の高い、滋味に富んだダックとして、世界でも高い評価を得ています。栄養価が高く、コレステロール、ナトリウム、カロリーが少ないダックは、健康志向の現代において、ますます人気が高まりつつあります。

エッグ EGG

12種類ものミネラルと13種類ものビタミンを含み、カロリーと脂肪分の少ない高品質なタンパク源。栄養価の高い卵は毎日の食事に欠かせない食材です。アメリカではシェル・エッグ(殻付きの通常の卵)だけでなく、液卵、乾燥卵、特別加工卵など、用途に合わせて幅広い製品が使われています。