ダック DUCK

料理用に加工されたダックは3つのエイジ・グループに分けられています。

[1] ブロイラーまたはフライヤー・ダック

生まれてから約49日の若い丸鳥。肉は柔らかく、雄雌どちらでもよく、柔らかい口ばしを持っています。
この分類に入るダックの重量は3〜3 1/2ポンドです。

[2] ロースター・ダック

生まれてから12週間以上たったもの。雄雌両方あり、肉は柔らかく、重量は4〜7 1/2ポンドです。
そのまま調理できる、まる鳥の1羽の重さは8〜16ポンドで、 雄の若鳥の場合は16〜30ポンドあります。

[3] マチュア・ダック

生まれてから6ヶ月以上たった雄雌両方。
一般的には繁殖用としての役目が終わった鳥で、肉はかたく、機械で骨抜きされています。

line

1.ダックまる鳥

ダックまる鳥

フレッシュ(生)とフレッシュフローズン(生冷凍)の2種があります。
重量は3〜6.5ポンド。

line

2.ボーンイン・ホール・ブレスト

ボーンイン・ホール・ブレスト

ウイングと(手羽)と背骨をとり除いたまるごとのブレスト(胸肉)で、重さは0.9〜1.5ポンドです。
通常1ケースに12個パックされています。

line

3.ホール・レッグ

ホール・レッグ

サイ(上もも肉)のついたドラムスティック(下もも肉)です。
平均重量は0.5ポンド。
ホール・レッグは出荷のため、ひとまとめにポリバックに入れられ、さらにカートン詰めされています。詰めたカートンの重さは20ポンドです。

line

4.ブレスト・クォーター

ブレスト・クォーター

リブと背部の付いたブレストを半分にしたもの。ウイング付き、またはウイングなしで売られています。
重量は1〜1.5ポンド。
ポリバックにバラで入れられ、さらに出荷のためにカートンで詰められています。

line

5.ボーンレス・スキンレス・ブレスト

ボーンレス・スキンレス・ブレスト

皮がなく、脂肪の少ないダック肉です。重さ4〜10オンスの間で、いろんな大きさのポーションを利用していただけます。 ひとつひとつがポリバックに入れられ、30パックが1ケースに入っています。

line

6.ボーンレス・ホール・ブレスト

ボーンレス・ホール・ブレスト

骨なしのまるごとブレスト(胸肉)です。
貯蔵や使用に便利なよう、個別に包装されています。
サイズにより、1ケースに16〜36個入っています。