チキン CHICKEN

製造工程についてはこちらこちらline

1.チキンまる鶏

チキンまる鶏

フレッシュ(生)、フレッシュフローズン(生冷凍)の2つの形態で販売しています。ブロイラーの重さは1.36〜2.72kg、ロースター(写真)は、2.72〜3.63kg、ケイバンは2.72kgです。 臓物パックは通常一緒に入っていますが、臓物なしの場合はWOGS、あるいはWOGN(臓物と首なし)のラベルが貼付されています。

line

2.ブロイラー(8ピース・カット)

ブロイラー(8ピース・カット)

背面部分付サイ(上もも)2本、レッグ2本、ウイング(手羽)2本、二つにカットした胸部の8ピース・ブロイラー。 通常、「まる鶏のカット・チキン」とラベルが貼付されています。
臓物は付いていません。

line

3.ブロイラー(9ピース・カット)

ブロイラー(9ピース・カット)

ブレスト(胸肉)1個、ブレスト・サイド(胸肉側面)またはリブ2個、サイ2本、ウイング2本、ドラムスティック2本の9ピース・ブロイラー。 主に飲食店とファーストフード・レストランで使われています。

line

4.ブロイラー・ハーフ

ブロイラー・ハーフ

背骨と竜骨を通して、前から後ろへほぼ同じ重量になるようにカットされたものです。
背骨の同じ部分がそれぞれの半身に付いています。

line

5.ホール・ブロイラー・レッグ

ホール・ブロイラー・レッグ

レッグとももがつながったままの状態のもので、背面部分が付いていないものをホール・ブロイラー・レッグと言います。

line

6.ブロイラー・クォーター

ブロイラー・クォーター

半身のブロイラーをさらに4分の1にカットしたものです。レッグ・クォーター、ブレスト・クォーターともに、平面部分が付いています。
(A)レッグ・クォーター
ドラムスティックとサイは、すべてダークミートです。
(B)ブレスト・クォーター
ウイングも含まれており、すべてホワイトミートです。

line

7.ブロイラー・サイ(上もも)

ブロイラー・サイ(上もも)

足のひざ関節から上の部分をサイ(上もも)といいます。
(A)サイはブロイラー・レッグ・クォーターをひざ関節で切り離して作ります。
(B)背面部分のつなかいブロイラー・サイは、もも全体をひざ関節で切って作ります。
これにはリブ、背部はつきません。

line

8.ボーンレス・スキンレス・ブロイラー・レッグ・ミート

ボーンレス・スキンレス・ブロイラー・レッグ・ミート

これはブロイラー・レッグ・クォーターから、皮と骨を除去して作ります。粗挽き鶏肉は、ボーンレス・スキンレス・レッグから作ります。ボーンレス・スキンレス・サイは、もも部分から骨と皮を除去して作ります。

line

9.ブロイラー・ドラムスティック(下もも)

ブロイラー・ドラムスティック(下もも)

レッグ・クォーターの下の部分、またはひざ関節とホック(飛節)の間の部分をドラムスティック(下もも)といいます。
重量は114〜142gです。

line

10.背部付きスプリット・ブレスト

背部付きスプリット・ブレスト

ウイング(手羽)部分を取り除いたブロイラー・ブレスト・クォーターは、ホワイトミートで、重量はそれぞれ340〜425gです。

line

11.背部なしスプリット・ブレスト

背部なしスプリット・ブレスト

ブロイラー・ブレスト・クォーターから、ウイング(手羽)を取り除いた背部なしブレストです。

line

12.ボーンレス・スキンレス・ブレスト

ボーンレス・スキンレス・ブレスト

ブレスト・ハーフ(胸部半身)から皮と骨を取ったものです。
大小の胸筋を取り除いて、テンダーロインとボーンレス・スキンレス・ブレストを作ります。

line

13.チキン・ウイング(手羽)

チキン・ウイング(手羽)

(A)ドラムメット
ウイングの最初のボーションで、肩関節とひじの部分です。(手羽元)
(B)中間部と先端
平らな中央部分とチップ(先端部)です。チップだけでも販売されています。(手羽先)
(C)昼間部
時にウイング・フットまたはミッド・ジョイントと呼ばれているものです。(手羽中)

line

14.ホール・チキン・ウイング(手羽全体)

ホール・チキン・ウイング(手羽全体)

ホール・ウイングは、すべてホワイトミートです。3つの部分からなっています。

line

15.ギブレット(臓物)

ギブレット(臓物)

ギブレット・パックには、(A)砂のう、(B)心臓、(C)肝臓、(D)首が入っています。ギブレットがまる鶏チキンの一部として入っている場合は、紙もしくはプラスチックで包装され、鶏のくぼみの中に入れられています。

line

16.ブルド&ダイスト・チキン

ブルド&ダイスト・チキン

ブルドあるいはダイスト・チキンは、骨なし・皮なしの完全調理済み商品です。ブレスト・ミート(胸肉)、レッグ・ミート(もも全体)、またはブレストとレッグを一緒にして包装されることもあります。組み合わせた場合には、製品ラベルにはナチュラル・プロポーション(自然の割合)が書かれています。
(A)ブルド
骨と皮を手で取り除いた調理済みの鶏肉
(B)ダイスト・カット
引き裂いた肉をさいの目に切ったもの

line

17.チキン・フランクフルト・ソーセージ

チキン・フランクフルト・ソーセージ

(A)チキン・フランクフルト
ホワイトミートとダークミートを混ぜ合わせてあります。
(B)チキン・ボロニア
骨を取った鳥肉を乾燥させ、味付けしたものです。
(C)(D)チキン・ソーセージ
チキン・ソーセージは、いろいろな形態、タイプ、サイズの製品があります。

line

18.チキン・パティ、ナゲット、テンダーロイン、カツレツ、ストリップ・アンド・チャンク

チキン・パティ、ナゲット、テンダーロイン、カツレツ、ストリップ・アンド・チャンク

パン粉を既にまぶした調理済み製品は多種多彩にそろっています。
すべて冷凍で、食べる直前に温めるか、少し手を加える必要があります。
(A)チキン・カツレツ
(B)チキン・テンダーロイン
(C)チキン・パティ
(D)チキン・ナゲット
(E)チキン・チャンク
(F)チキン・ブレスト・ストリップ